広島大学
title

概要

■ 広島地区緊急被ばく医療協力機関会議

広島には、原爆被爆生存者の診断や治療を実践してきた歴史があります。広島大学は、広島・呉地区の八つの主要な医療機関、団体との間に「広島地区緊急被ばく医療協力機関会議」を設置し、緊急時の協力体制を構築しています。これらの協力施設には、骨髄移植、熱傷、救急医療、被ばく線量測定、放射線被ばく管理などの専門家がおります。この「広島地区緊急被ばく医療協力機関会議」設置の主な目的は、高線量の外部被ばく患者さんや重篤な合併症を有する被ばく患者さんが複数発生した場合の体制を整備することにあります。

協力医療機関


△  Page Top

Copyright © 2005 Hiroshima University, All Rights Reserved